発達障害児との接しかた

発達障害児との接しかた

子どもが発達障害児だという人もいるでしょう。発達障害児を育てるには注意力が求められます。それだけ、子育てのストレスも増加すると考えてよいでしょう。

■発達障害とは
近年になってから聞かれるようになりましたが、まだ一般的ではありません。発達障害は、「わがまま」「しつけがなっていない」などの印象を持たれることが多く、多くの人が間違った解釈をしています。こうした解釈が、育児の悩みを増幅させているのです。
周囲に発達障害の児童を持つ親がいるようなら、いろいろと意見を聞いてみるのがよいでしょう。貴重な情報が入手できるだけでなく、相手に対してもメリットがあります。

■周囲への配慮
発達障害児の子育てでは、周囲の人たちに悩みを打ち明けてみましょう。そうすることで、胸がスッキリして育児ストレスも軽減するでしょう。事前に相手に話すことで、自分の子どもが失礼な行動に出たときにも、大目に見てくれるでしょう。
発達障害は、生涯にわたって継続するものです。子どもが小さいときは、同様の環境を持つ人を見つけて交流を図ってみましょう。
専用の学校やサークルなどを活用すれば、みんなで悩みを共有できます。ほかにも、病院などの施設でトレーニングを受けるのもよいでしょう。
発達障害の子どもの育児は、ストレスが溜まりやすくなるので、場合によっては夫が休職し、子育てに参加するケースもあります。子育ての負担を軽減するには、多くの人のサポートが必要となります。