育児ノイローゼとは

育児ノイローゼとは

育児ノイローゼとは、子育てによって発生する精神的な疾患です。気力が著しく低下し、何もしたくなくなるのが特徴です。
ノイローゼに至るには、長い期間がかかります。すぐに発症することはなく、少しずつストレスが溜まっていき、飽和状態になったときに表れるのです。
こまめにストレスを解消していれば、ノイローゼになることはありません。しかし、周囲に相談できる人もおらず、自分の殻に閉じこもってしまうと危険だと言われています。特に、すべてを自分で解決しようとする人は注意です。
育児の負担を減らすためには、一時保育の施設に子どもを預け、その間にショッピングをしたり、映画を見たりするのがよいでしょう。一時だけでも子育てから開放されれば、気持ちをリセットして頑張れるようになります。
自身がノイローゼになってしまったときは、早めの対処が求められます。周囲の人に相談して助言をあおぎ、早急に行動に移しましょう。症状が重度だと、医療施設での処置が求められることもあります。

■ノイローゼにならないために
自分の時間を確保することが最も重要です。ショッピングや映画を楽しんだり、エステサロンで美を磨いたり、自分なりの時間の楽しみかたを見つけましょう。
育児ストレスを解消させるためには、自分の時間を持つことと、十分な睡眠を取ることが大切です。時間が確保できないときは、一時保育を利用したり、両親に子どもの面倒を見てもらったり、臨機応変に対応しましょう。